ディーラーと買取店どちらが高く売れるのか

愛車をやむなく売る時や次の新型モデルを買うために資金作りとして車を売るときにこの車をどこで売るのか悩むことになるのですが、一番確実に安心して売ることができる場所となるのがディーラーと買取店でしょう。

 

ディーラーは車を買い取ってくれるところではなく新車を売るところですが、新車を買う際に不要となる今乗っている車を有償で引き取りますよということで事実上、車を買い取る形になるのが下取りというものです。

 

一方、買取店ではその名のごとく、その車を現金で買い取るということになります。

 

最終的にはどちらも車の価値に沿った金額で買い取ってくれるということで違いがないように思えますが、実は大きな違いがあるのです。

 

下取りの場合は最低条件としてそのディーラーで新車を同時購入するということがあって、買取店のように売るだけということはもちろんできません。

 

それは下取りが不要な車を引き取るというスタンスになっているからで、新車を購入しなければその車が不要にならないからです。しかし買取店は買取がメインですので、そんなことは関係ないのです。

 

それから買取や下取りをした車の流れが違います。

 

下取りという形が買い取った車はほとんどの場合、自社内やグループ企業内で自動車メーカーの認定中古車として販売することに使われ、他の中古車市場に回ることはあまりありません。

 

対して買取店は、買取った車を中古車オークションに流してそこでの販売価格と買取金額の差額によって利益を得ることになるのです。

 

この流れの違いによって同じ車でも価値が全く違うことになるのですが、その判断にも違いが生まれてくるのです。

 

簡単に行ってしまえば下取りはデータ重視で車種やグレード、年式、走行距離、ボディカラーなど明確なものだけで価値の判断をすることが多くなっており、多少の傷やへこみぐらいであればあまり価値に影響がありません。

 

買取店はデータよりも実車の状態と人気重視で、年式が古くても状態が良かったり、新車で人気はなかったが、中古車になって人気が上がったりした場合は価値がぐっと上がります。

 

逆にボディの傷やへこみ、内装の汚れがひどい場合はかなりの減額となります。

 

これらの違いを考えてみると、車の状態に自信があったり、その車自体が中古車で需要が高かったりする場合は買取店で、傷みが激しい場合は下取りでということになりますが、よほどひどい状態の車でない限り買取店の方が高く買い取ってくれる傾向があります。