結局どこが高く売れるのか?

車が高く売れる買取店

 

車を売って現金化するにはいくつかの手段がありますが、どの手段も一長一短でなかなかこれというものが見つからないと思います。

 

下取りは新車購入の時にしか使えないし、買取店は足を運ぶのが面倒、個人売買は手続きをしなければならないし、ネットオークションでの取引はいまいち信用にかける。

 

しかし、一般的な目線で見れば公正な金額で買い取ってくれ、更に手続きなどもすべてやってくれる買取店での買取や新車購入の時に行う下取りという手段がいいと思います。

 

ただ、下取りは新車購入という条件付きでの取引になるので、車を売るだけであれば買取店での買取が一番いいのではないでしょうか。

 

買取金額も査定基準が違うこともあって、下取りよりは比較的買取店での買取の方が高いことも多く、時間がない人でも出張査定や出張買取などを行っている買取店もあるのでかなり自由度が高いと思うのです。

 

昔はぼったくりに近いような悪徳買取店もありましたが最近ではだいぶ少なくなり、安心して取引できるようになりましたし、インターネットをつかったオンライン一括査定サイトなどもあるので、そこで暫定査定額を教えてもらいながら買取店選びもできます。

 

良い買取店が見つかったらそこから本査定へと進んでいけばいいのです。

 

最終的に多額の現金を手にすることができる一番の近道であるのが買取店での買取でそれによってまた新しい車を買うのもいいですし、他のものを買うのもいいと思います。

一括査定のかしこい利用方法

一括査定の利用方法

 

一括査定サイトなどを使って一括査定を行うと、複数の買取店から電話やメールでの連絡がきます。

 

それは一括査定サイトにおいて申し込みを行ったことに対する返事でもありますが、目的はただ一つ、できるだけ早く査定の予約を入れることです。

 

ですので、オンライン査定での査定額はさておき、いつなら査定をすることができるかという方法に話をすすめようとします。

 

この時まだにまだどこで査定を行うかどういった段取りをとるかということがまだ決まっていない場合は、押しに負けて査定の予約を入れるのではなく、明確にまだどうするか決めていないことを伝えて待ってもらいましょう。

 

そして、必ず言っておきたいのが、査定をしてもらう場合はこちらから連絡をするということです。

 

これを言っておかないと、毎日のように「査定はいつにしますか?」と連絡が来ます。

 

更に、「連絡は全てメールでお願いします」ということも付け加えておくと、面倒なことにならないかと思います。

 

ただ、そういった形で話を進める場合は、売る意思があるときだけで、いい加減に誤魔化すためのセリフとしては不適当です。

 

もし、連絡がきた買取店で査定を行うことを全く考えていないのであれば、きっぱりとお断りをしておきましょう。

 

それでもしつこく連絡を入れてくる買取店もありますが、一度きちんと断っておかないと、売却を済ませた後でも連絡が入ってくるぐらいの執念を持っていますので、断るときはちゃんと断っておきましょう。

 

ちなみに、電話やメールなどで断った場合、それ以降の営業の連絡は法律で禁止されているので、しつこい場合にはそういった話をしてみるのもいいかと思います。

 

とにかく買取店も商売です。売る意思がない方に連絡を入れるほど暇ではありませんし、利益につながることもありませんので、曖昧にしておくより、売る意思があるのであれば、そういったことを伝えておく、そうすればきっと
買取店側としても快く待ってくれるでしょうし、その買取店で売る意思がないのであれば、ちゃんと断っておく必要があります。