車が高く売れる時期

車が高く売れる時期

 

車を高く売るにはいろいろな条件が必要ですが、その中に時期タイミングというものも含まれます。

 

車を欲しいと思う時期というのはこれといって明確なものはありませんが、年度が変わる3月あたりが一番多いといわれています。

 

車を欲しいということはそれだけ需要があるということになるのですが、需要があれば中古車も売れる、中古車が売れれば、車が足りなくなる、足りない車を急いで調達するには高いお金をちらつかせるということになるのです。

 

しかし、これだけで車を売る時期を決めてはいけません。それに加えて、今売ろうとしている車のモデルチェンジやマイナーチェンジなどの時期も考えた方がいいでしょう。

 

特にフルモデルチェンジの場合は、今まで乗ってきた車を売って新しいモデルを買おうという方が増えることになり、同じ車が一気に中古車市場に流れ込むのです。

 

同じ車が一気に増えるということは価値も一気に下がるということ、需要と供給のバランスです。ですからこの時期に売るのは損です。

 

一番売るのに適した時期はこの一気に流れ込む動きが衰えた時、新型モデルが発売して1回目のマイナーチェンジが行われるころがいいと思います。

 

そのころになると一気に増えた先代モデルが捌けるころなので、この頃にまた供給が必要になるのです。

 

マイナーチェンジも一部改良程度では何の動きもありませんが、日産のセレナがS-HYBRIDを搭載した時のようなビッグマイナーチェンジなどの時も同じような動きになるので、このタイミングを活用することができると思います。

増税前は車が高く売れる

軽自動車が高く売れる時期

 

車は売却に適した時期というのがあります。

 

もちろん売りたいと思ったときは売った方が良いです。

 

適した時期ではなくても、月で価格は下がっていきますので売るのであれば早い方が良いと言う事はあります。車のジャンルによっては、時期もあることがあります。

 

例えば雪の降る地方ですと、4WDSUVの車は、冬のシーズンに突入する前に売ると良いです。

 

これは冬のシーズンの入る前にそのような自動車を買う人が多くなるからです。ですので夏の終わりぐらいには売る交渉を始めるのが良いでしょう。

 

他にも新車の販売のピークは3月といわれていますが、同時に中古車も動くのはその時期になる事が多いです。新しい生活を始める人もいますので、時期としては良いのです。

 

そう考えると、12月から1月にかけて売るのがいいのですが、実際には年落ちがあるので12月に売るのが良いでしょう。

 

軽自動車コンパクトカーは、あまり時期は考えなくても売れていく物ですので、できるだけは早く売った方が良いでしょう。

 

オープンカーや、サンルーフでは、ドライブに適した時期に売れやすい事もあるので、春から夏前に売れることが多いです。となると、やはり春前には売っておいた方が良いでしょう。

 

大まかに言って全ての車としては、はやり年落ちを考えると12月までに売っておくのが賢い選択になります。

 

その他には3月には、中古車として別の人が買う事考えると2月に店頭に並んでおく必要がありますので、2月上旬までがポイントとなってくるでしょう。