個人売買やネットオークションで車を売るデメリット

車を売る方法は何もディーラーの下取りや買取店の買取だけではありません。

 

友達が欲しがっているから売ってあげるとか、「この車売ります」などという看板を下げておいて、それを見て連絡してきた方などに車を売る個人売買というものや、最近多くなってきたインターネット上にあるショッピングサイトで行うオークションや、オークション専門サイトなどが行っているインターネットオークションという手段もあります。

 

自宅に居ながらにして自分の好きな価格を設定し、売ることができるので、よく下取りや買取などよりも高く売ることができるなどといわれています。

 

しかし、例えば世界に数台しかない車だとか、生産終了してからだいぶ経つ懐かしの名車などという商品価値の高い車であればそういう結果になることもあるでしょうが、大衆車などを出品しても高額買取どころか買い手すら見つからないでしょう。

 

オークションも早い話、個人売買と同じことで買い手を見つけるのがインターネットなのか縁故なのかという違いだけであって、買い手が見つかったら同じです。実はここに個人売買やネットオークションの落とし穴があるのです。

 

自動車の売買というのは時計を売買するのとは違い、法的な手続きというものが伴います。

 

名義変更であったり、車庫証明であったり、自賠責保険であったり、所有している人間が変わったことによって行わなければならないことがたくさんあるのです。

 

それを行うのは、こういったことを初めて行うような素人ですので、いろいろ手間取ったり、それによって多額の費用が掛かったりするのです。

 

更に全く知らない人と多額の取引をすることになるネットオークションでは商品ページに記載した情報が間違っていたり、写真が実物と違うなどというトラブルも多く安心して取引することができないのです。

 

個人売買もネットオークションも場合によってはかなり高額で売ることができますが、そうなる確率は低く、更に常にトラブルが見え隠れしているので、あまりおすすめできません。