査定評価アップのポイント

買取店などの査定額を上げるのにはいろいろな手段がありますが、一番いいのは売ろうとする車が中古車販売店に並んだ時にどれだけみんなが欲しがるような車であるかです。

 

単純に考えれば、真っ黒で水垢だらけの車より、きれいにワックスがけしてある車の方が欲しいと思うはずです。要するに中古車販売店での需要に近い車が高額買取になるということなのです。

 

たとえばボディカラー、車にはテーマカラーというものがあって、そのボディカラーはだいたいカタログや自動車メーカーのWebサイトなどに一番最初に表示される画面に使われることが多く、人気としてもそのボディカラーが一番人気があるのです。

 

次のオプションですが、余計なオプションは特に必要ないと思うのですが、例えば上級グレードには標準装備で廉価グレードにはオプション設定というものはついていた方が高くなります。

 

走行距離に関しては短ければ短いほどいいでしょう。グレードも一番上のグレードが人気です。

 

特に最近の車は装備だけでグレード分けを行っていることが多いので、装備が満載の上級グレードは人気が高いのです。

 

あと、車が売れなくなると必ず作られる特別仕様車というものですが、これははっきり言って好みに分かれます。

 

たとえばトヨタのヴォクシーにある煌という特別仕様車、これはメッキパーツを多用したモデルなのですが、メッキが嫌いな方にとっては最悪の車になりますが、派手なメッキが好きな方であれば最高の車になるでしょう。

 

あと意外と軽視されているのが、リコールやサービスキャンペーンなる不具合の修正整備です。

 

リコールやサービスキャンペーンなるものは設計上のミスを直すために行われるもので、リコールは生死にかかわる重大なミス、サービスキャンペーンはそこまではいかないが場合によっては大きなトラブルに発展してしまうというものでこれを行っているかいないかによっても買取金額が大きく変わってくるでしょう。

 

自分の車が中古車となってどれだけ人気が出るか、どうしたらすぐに売れるのかということを考えれば、おのずと何が高額買取にいいことなのかがわかるでしょう。