中古車の名義変更手続き

車を売るということにはいろいろな手続きが伴っており、あまりこういったことになれていない方(ほとんどの方がそうだと思いますが・・・)であるとどうしたらいいのか迷ってしまいます。

 

しかし名義変更に限ってはそれほど難しい手続きではなく、書類さえそろえば素人でも簡単に行うことができます。

 

ただ問題は、名義変更手続きは基本的には前のオーナーと新しいオーナーが一緒に行わなければならないということになっており、書類なども前オーナーと新オーナーの両方で必要になります。

 

しかしほとんどの場合、前オーナーから書類や委任状をもらって新オーナーが行うことが多く、前オーナーは書類を集めて新オーナーに渡すだけ終わりです。

 

新オーナーは前オーナーからもらった書類と自分の書類を持って、陸運局や車検場で指定の申込書と手数料やナンバープレート代などを支払って名義変更手続きを行うのです。

 

その際、気を付けなければいけないのがナンバープレートです。ナンバープレートは新オーナーの管轄の陸運局から発行されたものを付けなければならず、前オーナーの時につけていたナンバープレートで公道を走ることができません。

 

たとえば、前オーナーが埼玉の人間で新オーナーが東京の人間であった場合、大宮ナンバーのままではなく、品川ナンバーでなければいけないということなのです。ただ、前オーナーと新オーナーが同じ管轄にいる時はそのままのナンバープレートで大丈夫です。

 

ナンバープレートを変更するには車を車検場などに持ち込んで封印を打ち込んでもらわなければいけません。これで名義変更とナンバープレートの変更が完了しました。