車を売るために必要な書類

車は法律によって管理されているもので、自分で高いお金を払って買った車でありながらすべて自由ではなく、新しく車を買えば手続き、住所が変われば手続き、所有者が変われば手続き、廃車すれば手続きと何をするにも法律で決められた手続きを行わなければならないのです。

 

車を売る時に該当する手続きが名義変更という手続きで、所有者が変わったことを法的に認めてもらう手続きです。

 

こういった手続きというのは本人同士がいるだけでは成り立たず、必ずといっていいほどいろいろな書類が必要になってくるもので、手続きをするにあっち行ったりこっち行ったり少し面倒なことになるのですが、法律で決められていることですので従うほかありません。

 

名義変更で必要な書類は、まず自動車の戸籍謄本ともいえる自動車検査証、いわゆる車検証というものでこれはなければ何も始まりません。

 

車検証と共に車検証入れなどに入れてある自賠責保険証明書も必要です。

 

自賠責保険は新車時または車検時に前もって保険料を支払っているので、所有者が変わることによって自賠責保険の名義変更や保険料の還付などを行うために必要となります。

 

それから自動車税の納税証明証も必要です。これも1年分を前もって払っているので途中で所有者が変わることによって還付などの手続きが必要になり、そこで使用します。

 

あと、最近車検を受けた車であればリサイクル法に則って支払ったリサイクル代金の支払証明書であるリサイクル券も必要です。これも名義変更を行ったときに返金手続きを行うために必要なものです。

 

後は手続きには実印を用いますのでその実印が本物であるということを証明する印鑑登録証明書が必要となります。

 

基本的にはこれだけのものが必要になるのですが、車検証と自賠責保険証明証、リサイクル券はグローブボックスの中、納税証明証は家の領収証入れに中にあるので、あとは印鑑登録証明証を役所に取りに行くだけです。