ローン残債がある車を売るなら

何百万円もする車を一括現金で購入できる方はごく一部の方でほとんどの方は自動車ローンなどを組んで購入していると思います。

 

自動車ローンを組んで購入した車は正式には持ち主はそのローン会社や銀行であって、運転している人間はそこから車を借りて乗っているにすぎません。従って、その車を勝手に売ってしまってはいけないということなのです。

 

しかし、絶対に売れないというわけではなく、車の売却と同時に自動車ローンの残りを完済すればいいです。そうすれば名義は自分のものになり、売ろうが廃車しようが自由にできるのです。

 

しかし、思ったほど高い金額で売れなかった時など一括で完済することすらできない場合もあるのですが、それに対しても一つの救済措置があります。それが残債ローンというものです。

 

要するに残った自動車ローンを一括返済するためのローンというもので買取店で売却するときであれば、だいたいの買取店でその残債ローンを扱っていますので車を売った後はそちらのローンに組み替えるということになるのです。

 

乗っていない車のローンを払うのというのも何か納得のいかないことですがこればかりは仕方がありません。

 

それに自動車ローンで購入した車を売却して名義変更するにはローン会社や銀行などで所有権解除をして名義を自分のものにし手置かなければならず、所有権解除をしてもらうためには自動車ローンを完済していなければならないのです。

 

ちょっと複雑ですが、売却して名義変更を行うには何らかの手段で自動車ローンを完済しなればならないということなのです。