初めて車を売るなら

車と電卓

 

初めて車を買って、それを数年乗って初めて次の車に乗り換えるとか売却するという方にとって、「車を売る」ということはちょっとした不安が付きまとうものです。

 

多額の現金が動きますし、法的な手続きも付きまとう・・・、初めてとなるといろいろなことが不安材料でしかないのです。

 

こういった方で次も新車を買おうと思っている方であれば、間違いなく新車ディーラーでの下取りが一番手っ取り早いと思います。それはほとんどのことをディーラーがやってくれるからです。

 

ディーラーが下取りのためにこれとこれが必要ですよ、といってくるのでその書類を集めて持ってくればいいことです。これだけであとは全てディーラー任せ、新車納車と同時に今の車を引き渡せばそれで終了です。

 

ただ、これですとなかなかいい下取り金額を得ることができませんので少しでも新車購入の費用を抑えたいという方は買取専門店がいいでしょう。

 

ただし、条件付きです。必ず買取専門店などで車を売ったことがある人についてきてもらいましょう。それから車を売るのが初めてということを隠しましょう。

 

買取専門店は車を査定してその査定に沿った金額で売却するものですが、それはあくまでも基本となる金額での話、実際はここから値上げ交渉で最終的な買取金額が決まるのです。

 

そこでは人対人のやり取りが行われることになるのですが、それを経験のない人だけで取り組むのはかなりリスクが高く、店舗側のいったことに簡単に言いくるめられてしまいます。

 

例えば、悪質なパターンではエアコンから垂れてくるドレンを冷却水が漏れているからといって数万円減額したり、ボディに傷が多いから減額されたりと相手がわからない人間だと思うとそれらしいことを言って金額を安くしようとするのです。

 

初めて車を売る人であれば、「買取店はこういうもの」と思ってしまうでしょう。そこに車に詳しい経験者がいれば、反論もできますし、買取店側も難癖をつけてこなくなります。

 

全ての買取店がそうということではありませんが、念には念を入れておきましょう。もしこういった知り合いなどがいないのであれば、下取りが一番安心かもしれません。

査定中の注意点

査定中の注意点を説明

 

車をしかるべき場所で買い取ってもらう時に必ず査定という車の身体検査と値段づけ工程を行います。

 

無料一括査定サイトなどで行うデータだけを使うオンライン査定とは違って実際に車を見て、乗って、触って行うのが本査定といわれる本来の査定です。

 

ここで最終的なその車の査定額というものが決まるのですが、この段階で今でも行われているのが不正行為です。

 

大手買取専門店やディーラーなどではほぼないといっていいと思いますが、街の小さな買取専門店や無名の中古車販売店では、今でもこういったことが行われているようです。

 

車はボディにキズなどが価値が下がるのですが、簡単な傷であればコンパウンドでちょっと磨いただけで傷をとることができます。

 

このことを悪用して、オーナーの目の届かないところで後で簡単に消すことができる程度の傷をつけ、その部分を指摘して査定額を下げるという事をする業者がいるのです。

 

オーナーに記憶がなくても目で見てわかるような傷が付いているのであればその査定額を納得せざるを得なくなり、結局非常に低い査定額で買い取られてしまうのです。

 

悪徳買取業者は買い取った後でコンパウンドで磨いてきれいにして高い値段が売りさばくのです。

 

こういったことを防ぐにはまずは無名で小さな買取店を選ばないこと、そして査定中もしっかりと査定士の行動を監視することが重要です。