事故車を売るなら

事故車とっいても程度によって売り先が変わってきます。例えば、へこみや傷がついているぐらいの物損事故や単独事故であれば、買取専門店でも下取りでもどこでも大丈夫です。

 

大きな損傷を受けてボディパネルを交換したとか、フロントバンパーやリヤバンパーなどを交換したという車でも通常の売り方で大丈夫です・・・かなり減額されますがこれはどこでもいっしょです。

 

問題はフレームまで逝ってしまった修復歴有りの場合や修復すら難しいと思われる、ほぼ廃車するしかないような場合です。

 

修復歴有りの場合はそれを承知の上でかなり安い金額で買い取ってくれる買取専門店もありますが、修復不可能な車の場合はそれすらも無理です。

 

では、廃車にするしかないのか・・・それは違います。実はそういったひどい状態のものでも喜んで買取ってくれるところがあります。

 

インターネット上でも「事故車大歓迎」とか「事故車買い取ります」などという広告を出しているところを見ることがありますが、そこがこういった事故車を買い取ってくれるところです。

 

事故車というか正確に言えば廃品回収に近いもので、買取った車を直して売るのではなく、むしろ逆にもっと壊して部品をとって、その部品を売ることによって利益を得ているのです。

 

部品としても使えないところは金属として売ったりそこでも利益を得ることができるようです。国内ですとリサイクル法などがあってあまり大々的に中古パーツ販売というのができなくなっているようですが、海外ではそういった制約もなく行われているのです。

 

ただ、これは海外で日本の車に乗る人間にとっては非常にありがたいことで、中古車で日本の車を買って何かトラブルが起きて部品を交換したくても純正部品はかなり高く、古い車では入手困難なのでこういった事故車から取り外して部品は重宝がられているのです。

 

こういった需要がありますので、事故を起こして大破したからといって安易に廃車しない方がいいのかもしれません。