新車へ乗り換えるなら買取?下取り?

現在、車を持っていてその車を新車に乗り換えようとしている場合、一番楽なのはディーラーでの下取りです。

 

新車を購入するときに「下取りに出します」といえば、いいだけです。
そう言っておけば、査定から下取り金額の見積もり、名義変更などの法的手続きなど面倒なことをすべてディーラーの営業マンがやってくれるからです。

 

ある意味、どんとディーラーの椅子に座っていれば後はディーラーがすべてやってくれるのですから、これほど楽なことはありません。しかし、これには大きなデメリットがあります。

 

特に下取り金額、この金額によって新車購入にかかる費用が大きく変わってくるわけですが、これは車によってはかなり低い金額となります。

 

それからこの下取り金額を使って値引きをごまかそうとします。

 

知っていましたか?下取りありの場合と下取りなしの場合とで値引き額に違いがあることを・・・、下取りなしの方が大きな値引き額を引き出すことができます。

 

もしこういったところを理解しているうえで下取りに出すのであればそれは個人の自由ですのでいいとは思うのですが、少しでも安い金額で新車を手に入れていたいと思っているのであれば、多少面倒ですが今の車を買取専門店で売却して、そのお金を握ってディーラーのいく方がいいと思います。

 

一概には言えませんが、買取店専門店などでは下取り金額より高い金額で売却することができます。

 

もしかしたらその差額で購入する車のグレードを上げることができるかもしれません。メーカーオプションを付けることができるかもしれません。

 

そういったことをしないまでも出費が減ることは確かなので、「買取専門からディーラーへ」という流れが一番いいと思います。