車検切れの車を売るなら

日本には車検を受け、それをパスしたものでなければ公道を走ることができないという法律があります。

 

しかし、中には車検を忘れてしまった、車検にかけるお金がない、車検を受けるまで乗らなくなってしまったということで、車検期間を満了してもそのままでいる方もいると思います。

 

公道を走ることができないならということでここでいっそのこと売ってしまえと思う方もいると思いますが、これから売るにしてもとりあえず公道を走っていかなければならないのです。

 

それができない・・・これは困ったことになりました。

 

一番いいのは買い取ってもらうところまでキャリアカーを使って運ぶこと、キャリアカーの荷台に乗せてしまえば車検があろうがなかろうが単なる荷物となるのでどこへでも移動させることができます。

 

しかし問題は費用、例えば知り合いにこういった車を使っている職業についている人がいればそれを借りるということもできますが、そういった方はほとんどいません。

 

だいたいが陸送サービスなど使うことになりますが、これが結構費用が掛かるのです。同じ町にある整備工場などに運ぶのでさえ数万円もかかってしまうこともあるのです。

 

そこでおすすめなのが買取専門店などにあるサービスを使うことです。全ての買取専門店がそういった陸送サービスを行っているわけではありませんが店舗の規模が大きいところでは大体そういったサービスを行っています。

 

このサービスを使えばガレージから買取店まで運んでくれますし、そこで査定もできる。費用も多少かかるかもしれませんが、陸送サービス会社などを使うよりはるかに安くなります。

 

しかし、このサービスには大きなデメリットがあります。それはこの買取店でどんな金額が出ようと売らなくてはいけないということです。

 

何もこのサービスと使ったから売らなければならないという決まりはありませんが、せっかく運んでもらっておいて売らないというもの人道的にどうかと思いますし、またキャリアカーに乗せて家まで運ばなければならないということを考えるとおのずとそうなってしまいます。